栄養価が高く、カロリー控えめの食事で健康的にダイエット

栄養価が高く、カロリー控えめの食事で健康的にダイエット

自分自身の食生活を見直し、栄養価が高く、カロリー控えめの食事を心掛けるようにすると、健康的にダイエットをすることができます。

 

 

ヘルシーな食事を作る上で役立つのが、かさ増し食材です。経済面から注目されているかさ増し食材は、栄養価を高める役割もしてくれるのです。

 

 

野菜、きのこ、こんにゃくといった低カロリーの食材を賢く活用するコツをご紹介しましょう。幅広い層に人気のハンバーグは、脂質の少ない挽肉を選び、つなぎにかさ増し食材を加えることで、大幅にカロリーをカットできます。挽肉の分量を減らし、豆腐を加えると、たんぱく質の摂取量は保ちながらも、カロリーや脂質量を減らせます。ふんわりとした仕上がりのハンバーグになり、美味しさの面でも遜色はありません。

 

 

また、細かく刻んだえのきだけをハンバーグの種に加えると、キノコ特有の旨みがプラスされ、より深みのある味わいのハンバーグに仕上がります。えのきだけは、カロリーが低いだけでなく、食物繊維を豊富に含んでいて、腸内環境を整えて便秘を解消する効果が期待でき、ダイエットにはおすすめの食材です。また、玉ねぎのほかに、人参やピーマンなどの緑黄色野菜を刻んでかさ増しするのも良いでしょう。

 

 

様々な食材をプラスすることで、味にも奥行きが出て、味気ないイメージのあるダイエット料理がより美味しく食べられるようになります。刻んだ野菜やきのこを使うかさ増しは、炒飯にも応用できます。炒飯は、炭水化物に偏りがちなメニューのため、ダイエット料理には向いていないと思われがちですが、具材の割合を増やすことで、カロリーを減らし、ヘルシーに仕上げられるのです。

 

 

野菜やきのこ以外には、しらたきを細かく刻んだもので炒飯をかさ増しするのもおすすめです。しらたきの独特の食感がプラスされることで、しっかり噛んで食べるようになり、早食いを防いで、満腹感を適切に得られるようになります。一見カロリーが高そうなメニューでも、アイディア次第で美味しくカロリーオフができるので、上手に工夫してヘルシーな食事作りをしましょう。