30代から40代のEDの原因はストレスが多い

30代から40代のEDの原因はストレスが多い

ED(勃起不全)で悩んでいる男性はたくさんいると思いますが、30代から40代の人達でEDである場合、その大きな原因となっているのがストレスである場合が少なくありません。

 

 

30代、40代でEDになってしまうと年齢的な衰えと思ってしまう人も多いようですが、大きなストレスを感じているような心当たりはないでしょうか。すぐに思い当たるようなことがあるという人はストレスが大きな原因となっているかもしれませんね。

 

 

ストレスの中身は人それぞれだと思います。日常生活や仕事、人間関係などでストレスを溜め込んでいる人もいるでしょう。それが原因でEDとなり性行為が上手くいかなかったという経験をしてしまうと、次回から性行為を行う際に不安になって、それ自体がストレスとなってしまいさらにEDが悪化するという悪循環に陥ってしまいがちです。なかには子供をつくらなければならないというプレッシャーがストレスとなってしまってEDになってしまう人も少なくないようです。

 

勃起のメカニズムは性的刺激を受けて、その性的刺激を神経を通してペニスに伝達され、ペニスへ血液が流入されることで勃起するのですが、大きなストレスを溜め込んでいると神経からの伝達がうまくいかなくなってしまうので、EDとなってしまうのです。

 

 

ストレスが原因となっている場合は、ストレスを解消することが当然対策となってきます。ストレスを解消するといってもなかなかできるものではありませんが、一日に一度は自分が好きなことをする時間を設けるとか、自分なりのストレス解消法をつくって実践することが大切だと思います。また、ストレスによってEDになる人は性行為がすごく特別な行為だと思っている人が多いようです。

 

 

そのような考えがあると、うまく性行為出来なければどうしようと不安になってしまい、さらにEDが悪化してしまって性行為の失敗がトラウマになってしまう人も出てくると思います。そうならないように、あまり性行為を特別なものと思わないようにすることも大切です。